« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

小江戸川越花火大会

7月21日 地元の花火大会を観に行って来ました

川越の花火会場は各年ごとに、安比奈親水公園と伊佐沼の2ヶ所交互に行われます

今年は安比奈親水公園 私は伊佐沼の方が好き

Dscn5460Dscn5461

あ゛~木が邪魔位置が悪い・・・

Dscn5463Dscn5496

いや、移動してもどこも木がこんなんだからダメだよ

Dscn5491Dscn5494


少し木をカットするか、花火をもっと高く打ち上げて下さい

Dscn5467Dscn5489
後半、前の方の人がいなくなったので移動したら、、川に映ってキレイだった

Dscn5447_2んー全体的にイマイチ上手く撮れぬいやコンデジにおもちゃみたいなグラグラ三脚なのでこんなモンですな少しでもブレを少なくするために、息止めてます( Д) ゚ ゚ グルジイ・・・

花火キレイだったし、この日は涼しくて過ごしやすくて良かった

しかしここは帰りが地獄駐車場内から脱出するだけで1時間半近くかかったのです前回は2時間強!!! それが道路に出れちゃえば普通に流れてるから不思議
出ちゃえばそこからは10分弱 (・_・)エッ....?

だったら自転車で行け! って話 _| ̄|○ガクシュウノウリョクナインデス

※オリンピック男子サッカー中の更新 残り時間僅か 2-0 ガンバレーー!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

日光・塩原・川俣 湯巡り旅・3

濃ぃい~ゑびすやさんを出て、滝汗かきながら次へ車のエアコンで涼む間もなくすぐ到着 あ、この湯巡り・3は長くなります

7湯目『塩原元湯温泉・大出館』

Dscn5199Dscn5222
日本秘湯を守る会のお宿右の写真、これお風呂の所の壁です。あちこちこんな感じ

温泉の成分が濃すぎて壁もボロボロ、テレビなど電化製品が一年でダメになってしまうそうです

Dscn5213Dscn5223
こちらは女性用の内湯と露天風呂混浴風呂もほぼ同じ感じ
綺麗なエメラルドグリーン

泉質は硫黄・ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉。ゴぉ~ジャス

Dscn5206Dscn5207

他に貸切風呂や小さめの家族風呂などあり

Dscn5240Dscn5241


そしてこの湯!!! 真っ黒その名も墨の湯です。日本唯一の湯だそうです鉄分が多いとのことですが、茶色じゃなくて黒って不思議

ここはいくつもあるお風呂を普通に館内を移動する訳ですが・・・おじさん、タオルも服も持たず、目の前をフル〇ンで移動されました あまりにもビックリしてガン見してしまいましたYO!

大出館 最高だった!! 注:おっさんの裸が じゃないです

Dscn5248Dscn5254
そして次は1時間半くらいの移動で川俣温泉へ途中こんな素晴らし~景色を眺めながら

8湯目『川俣温泉・ふくよ館』

Dscn5261Dscn5301

露天風呂を楽しみにしていたのですが、混浴1つのみで今一組入ってる方がいるとのこと・・・どうしようと思っていたら、出てこられてなんと! ゑびすやさんでお会いしたご夫婦でしたビックリうれしい再会でした

Dscn5267Dscn5272
左は女性用内湯。そしてそこから急な長い階段を下りていくと露天風呂を見下ろす所にある展望風呂その下に、、

Dscn5298Dscn5288_2
この露天風呂景色も素晴らしい泉質は単純温泉重い湯つづきだったので、後半はサラッと良い感じ温度も程良い。

9湯目『川俣温泉・一柳閣』

Dscn5303Dscn5361_4

今回最後の湯。こちらも日本秘湯を守る会のお宿ここからエレベーターで下りて行きます。鬼怒川源流でここも素晴らしい景色

Dscn5327Dscn5336_3

左が混浴で右が女性用露天風呂広ーい!!泉質はこちらも単純温泉(弱アルカリ性)

Dscn5358しかし! こちらの湯は熱いこれは確実に無理なレベル
しかもこの広い露天に一本のホースで水入れても、全然追いつかず入らず仕舞い

なので並びにある3つの貸切の方へ

Dscn5319_4Dscn5342_3Dscn5347
左から岩風呂・泡風呂・檜風呂だがしかしこちらも熱い!!でも浴槽が小さいので水ですぐ調整。この旅最後の湯を味わいました

さっきフル〇ンおじさんの話しましたが、ここのお風呂移動、夫婦そろって全裸で移動しまくったのは内緒でお願いします

注: タオルは巻いてます(^^; 館内とは別空間で、日帰り入浴最後の客だったのでセーフと言うことで

真夏の9湯巡り。ハードでしたなぁ暑さもすごいが、これら全てお宿の日帰り入浴

ほとんどの所が宿泊客のいない時間、と限られてるのです。。それを入る時間・行く順番・移動時間を上手くやりくりしての入浴

もう何だか勝った気分いや、やっぱ何と戦ってるんだか分からんが

暑い中、更に暑くなりそな連続温泉ブログにお付き合いありがとうございました

別の旅行の別の温泉につづく・・・ぇ? :D)| ̄|_

| | コメント (14) | トラックバック (0)

日光・塩原・川俣 湯巡り旅・2

3湯目の金谷ホテルの後、奥日光から塩原に移動
んー塩原は普通に暑い

今回は徹底的に湯巡り(笑)が目的で、宿代は抑えて安いビジネスホテルとかで良いや~と思ってましたが、ビジネスホテルより全然安く素泊まり出来る温泉宿を見つけた

4湯目・塩原温泉『静観荘 古山』

Dscn5160Dscn5135
塩原温泉街の中心にあって、こじんまりした宿

Dscn5137Dscn5140
お風呂は地下と3階にあって時間で入れ替え制です。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉・炭酸水素塩泉ほぼ透明で味は薄ーい出汁が利いてる感じ(^^?

Dscn5158
露天風呂が無いのがちと残念でしたが、ビックリ価格で泊まれて温泉入れて素晴らしい

宿の前は箒川でこんな景色も見られます


5湯目・塩原温泉『山口屋旅館』

Dscn5156ここは宿泊した4湯目の静観荘の目の前!!
10歩で行ける所今月号の温泉博士に掲載されていたのでラッキー

静観荘にチェックインしてから早速行ってみた

Dscn5145Dscn5149_3

泉質は塩化物泉・炭酸水素塩泉
こちらもずーと貸切状態内湯は家族風呂くらいな感じ。入ってる方がいたので写真無し。。

7/16 5湯入り夜は飲んだくれそして翌朝チェックアウト後、

Dscn5168Dscn5166_3
紅の吊り橋・もの語り館の所でコーヒーを飲みながら時間調整朝は爽やかだなぁここはやっぱ秋が素晴らしい

6湯目・塩原元湯温泉『ゑびすや』

Dscn5184_3Dscn5186_3
ここは塩原元湯最古の湯こちらは群馬からやはり温泉パスポートを持って来ているご夫婦と同時に入湯

Dscn5190_2Dscn5189_2

ものすごいキテますこちら女性用の弘法の湯。硫黄泉で濃ぃい

Ebkajiwarayu1_2混浴の方は弘法の湯と梶原の湯の二つ。この写真は紹介サイトからお借りして来ました

硫黄泉と梶原の湯の方は炭酸泉あ~入りたかったなぁ

Dscn5196_4Dscn5195_2

これ脱衣所です凄まじい湯の花やっぱかなり濃ぃい~のですね温泉側じゃなく外側の扉までこんな

そしてここのお湯は超熱くてどう考えても水で埋めないと な具合もう一人一緒に入った方はまだシャワー中。勝手に水足すのもアレかしらと、、そのまま入ってた

もうね、熱湯コマーシャルレベル←古っ!!

コマーシャルすることなんて無いのに、、一体何と戦っているのかと 熱くて茹であがる霜降り肉 ヒィー(((゚Д゚)))

※もう一人の方『ぅわ゛、これ無理!よく浸かれるねΣ(゚д゚;)』と、速攻水投入。

ですよね・・・(;´Д`A ```

9湯巡りまだつづく・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

日光・塩原・川俣 湯巡り旅・1

201208031635000_3自遊人と温泉博士を持って7月16日から一泊で行って来ました

丁度梅雨明けし猛暑日の中、9湯巡りの旅(笑)まずは日光から

1湯目・奥日光湯元温泉『かつら荘』

Dscn5087Dscn5086_2

こじんまりした家庭的な雰囲気の所

Dscn5090_3Dscn5094_2


内湯と露天風呂硫黄泉です。乳白色で露天の方は緑がかってたお湯はちょっと熱めで一軒目で既にありえん滝汗

このお宿の可愛い息子くんとお話して癒されて次へ

2湯目・奥日光元湯温泉『休暇村 日光元湯』

Dscn5098Dscn5100

入り口はこんな感じですが、こんな緑の中にあります

Dscn5101Dscn5105

シラカバやカラマツ林の向こうは湯ノ湖です

4559557734_aafef1f99c_z315_1

そして温泉こちらも硫黄泉。人がたくさんいたので、写真は紹介サイトからお借りして来ましたエメラルドグリーンのお湯でこちらは温度調節されているようで、丁度良い具合

しかし滝汗かきながら出て、このカラマツ林を散歩したら涼しくてサ~っと汗引いたよし!まだイケる(笑)

3湯目・中禅寺湖温泉『中禅寺 金谷ホテル』

Dscn5108_5Dscn5124_3

んーステキなホテルさすが金谷ホテル

Dscn5116

Dscn5121_2

内湯と露天風呂こちらも硫黄泉ですが、この3ヶ所の中で一番濃ぃ~感じ。色もきれいなエメラルドグリーンちょっとの間だけど、ここも貸切状態で何かすごい贅沢な気分

Dscn5129_5Dscn5132

そしてお風呂上り、こんなステキな所で休憩やっぱ金谷ホテルは素晴らしい貸し出しのバスタオルもフカフカだったスタッフの方々もとっても親切。ここは宿泊で来たいなぁ

Dscn5062_3Dscn5080_3

そして華厳の滝と竜頭の滝を見る、歩く滝(私)

真夏の温泉ハシゴはコント並みの滝汗 ||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

9湯巡りまだまだつづく・・・

※この先もちゃんとした温泉レポ的なものは出て来ません 人( ̄ω ̄;) スマヌ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

箱根旅行(宿編)

今回の宿は『湯本富士屋ホテル』です

Dscn4789お義父さんのお気に入り&湯本駅前なので、夜のあじさい電車乗りに行くにもバッチリです

いつも人力車があるこの赤い橋の向こう。よくここで写真は撮ってましたが、私たち夫婦はここに泊まるのは初

部屋の写真撮るの忘れた温泉は、広々大浴場と、、

Dscn4847_4Dscn4851_3
露天風呂は二つ

Dscn4909Dscn4907_2

単純アルカリ泉で無味無臭。

夜は遅くに入ってもすごい人が多かったけど、朝入ったらこの通り広ーいお風呂貸切気持ち良かった~

そして食事は和食・フレンチ・中華と選べます私たちは和食にしました

Dscn4855Dscn4857Dscn4858

Dscn4863Dscn4864

Dscn4866

Dscn4867Dscn4870Dscn4871

途中の口直しの梅は、写真撮る前に食べてしまって、、半分かじったお義母さんのをお借りしてひっくり返して撮ったもの(笑)

どれも美味しかったこのデッカイ海老とか幸せ

富士屋ホテルはスタッフの方々も感じ良くて、部屋数は多いけれど、静かで落ち着けるお宿でした

しかしまたわたくしやってしまいましてお風呂から戻って部屋入ろうと思ったらカードキーで扉開かず何度やってもダメ。。

滝汗&冷や汗でフロントに行き、新しくカード作ってもらうもまた開かずぇ゛え゛~?!と思ったら、、

やり方間違ってましたm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

アレをどう間違えるというんだよ だよヾ(_ _*)ハンセイ・・・

今回は両親も一緒に旅が出来て楽しかった~またみんなで行きたいなぁ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

箱根旅行(温泉編)

1日目・2日目と行きたい所に行けたけど、、でもまだ帰るには早い時間

201207271813000一応持って行った(笑)温泉博士に箱根が一軒あったので行ってみることに

湯本の『雉子亭・豊栄荘』の日帰り入浴

Dscn5020_3Dscn5021_3
かなり山深い所この緑!! 宿のロビーからの景色
これ、この宿の敷地内ですここからエレベーターで降りて、、温泉はこの山の中
手入の行き届いた庭を抜けると、、

Dscn5022Dscn5039_2

左が女湯・右が男湯の入り口です

Dscn5025Dscn5029

扉を開けると、女湯はこんな感じ須雲川沿いの渓流露天

Dscn5030

アルカリ性単純泉で無味無臭。サラッとした感じで温度も程よく、大自然の中で本当に気持ち良かった~

こんな感じの脱衣所もちゃんとあります

そして館内の大浴場は、、

Dscn5046Dscn5049

広々そして大浴場からの景色もステキここも紅葉の時に来たらものすっごくキレイだろうな~

Dscn5054_2湯上り処でお会いしたおじさまと、あちこちの温泉話で盛り上がり楽しかった
キャンピングカーで旅してて、温泉博士ではここで100湯目とのこと。すごい

豊栄荘はすっっごくスタッフの方々が感じ良く素晴らしかった!!!今度は是非宿泊で来たいお宿です

しっかし暑い中の温泉。。中々汗引かず服がへばり付き、、ピチピチのジーパンは履けないは、キャミも無理やり脱ぎ着で激しくビリビリ音してた若干破けました(;´д`)トホホ…

まぁ、へばり付いて脱ぎ着しずらいのは汗のせいだけではないと思われるが (;´Д`A ```

宿編につづく・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

箱根旅行(観光編・2)

箱根美術館から移動し、紫陽花寺と言われている阿弥陀寺へ

ここは凄い急な山道を登って行き、山の頂上にあります。

Dscn4944Dscn4965
結構標高あるので、まだ蕾が多めでしたが、山肌にビッシリ
ここの紫陽花は何だか背が高い

Dscn4945_2Dscn4959_6Dscn4996_2

阿弥陀寺は琵琶を弾く住職が有名で、よくテレビで紹介されてます琵琶の音を聴きながら紫陽花見るのも良いですね~

Dscn4978この後、湯本富士屋ホテルでランチ1日限定10食のお蕎麦を4人分Getできました美味しかった~またすっかりご馳走になり

そして両親とはこれでお別れ。。一足先にロマンスカーで岐路へ  私たちは強羅公園へ

Dscn4982Dscn4999_2
この時期限定のあじさいソフトんー確かにあじさいの味!!
あじさい食べたことないけど何か香りが(^^?

Dscn4989_2Dscn4995

ここも紫陽花が見頃薔薇もすごいキレイだった

そして次はNARAYA CAFEへ

Dscn5013Dscn5007_3

こんな風に足湯しながら食べたり飲んだり出来るCAFEなのですステキだがしかし、この日は凄く暑くて超ムシムシ。ものすごい滝汗

Dscn5015_2Dscn5018_2
足湯コーナー以外もこんなテラス席なども窓からの景色、白く飛んじゃってますが、ここは秋が最高!!見事な紅葉が見れますまた来よ

そして汗かいたし、さっぱりしたいし、、行くか!!と日帰り温泉へ

いや、ソレ、、また汗かくだろ と

温泉編へつづく・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

箱根旅行(観光編・1)

7月5日から一泊で行って来ました

前から一緒に旅行したいね~と話してて、今回は義父母も一緒の旅です

まず富士屋ホテルで早めのランチ

Dscn4799Dscn4804
蟹オムライス(≧∇≦)ウマー ご飯の中にこれでもかってくらい蟹がいっぱい入ってた

ここはお値段がかなりアレなもので(笑)2人の時は館内見学のみでしたがお義父さんにご馳走になってしまいました

Dscn4795Dscn4815_4
ホテル館内やお庭散策して箱根神社へ行き、夫婦でおみくじ大吉を引き恩賜箱根公園へ

Dscn4820_4Dscn4826_5

すごく綺麗な公園曇ってて富士山が見えず、残念でしたでもこの時期でも芦ノ湖の辺りは涼しくて気持ち良かった

そして夜は一番楽しみにしていた夜のあじさい電車に乗りに行きました

Dscn4892Dscn4887

んー手振れがひどい

Dscn4888_7Dscn4880_5
あじさい電車は箱根湯本~強羅間で、途中あちこちで徐行や停止したり車内の照明消してライトアップされたあじさい観賞出来るのです見頃でもりもり咲いてて綺麗だった

そして次の日の朝、お義母さんお薦めの箱根美術館へここは私たちは初

Dscn4912Dscn4918_5Dscn4937_4Dscn4931_2

入ってビックリ!! 超緑すっっごく綺麗で癒し空間ここは紅葉の時期も良いだろうなぁ~隣の強羅公園は何度も行ってるのに、、何故ここは来てなかったのか・・・また是非来たい場所

しかし夜のあじさい電車はチケット取るのが大変なのですが、せっかく乗ってるのにずっと何か食べまくってる人や、全くあじさいを見てない人とかいてちと不思議

※館内見学→という名の主にトイレ立ち寄り 人( ̄ω ̄;) スマヌ

観光編2につづく・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »